スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlackBerry PassportがFCCを通過

2014.08.08.Fri.05:18
BlackBerry Passportが、日本のいわゆる技適を審査する総務省の機関にあたるFCC(連邦通信委員会)を通過しました。

その資料によるとPassportの対応する周波数帯は以下の通りとなるようです。

GSM/GPRS/EDGE 850/1900

WCDMA/HSPA FDD 2, 4, 5

LTE Bands 2, 4, 5, 13
続きを読む "BlackBerry PassportがFCCを通過"
スポンサーサイト

BlackBerry Passport についての最新情報が受け取れる公式メーリングサービスが開始される

2014.08.08.Fri.04:42
この度BlackBerry社は、今年の暮れに同社が発売すると見込まれる最新機種であるBlackBerry Passportについての最新情報を受け取ることのできる公式メーリングサービスを開始した。

メーリングサービスを受けるには、名前とメールアドレス、国名を登録する必要がある。

国名は選択式になっており、一応日本も選択することができる。まあ、どうせ発売しないと思われるが。

BlackBerryの製品に関するメディア戦略についてはその技巧に色々と議論があり、今回のメーリングサービスがPassportの情報を欲する者にとって十分なサービスを提供できるかは分からないが、興味のある方は登録してみると良いだろう。

ちなみに、Passportの公式発表会が9月にロンドンで行われるとされているが、ちょうどiPhone 6の公式発表も同月だと見込まれており、更にiPhoneに至っては発表の翌月には発売される見通しのため、まず間違いなくBlackBerryの存在感は、変わらず薄いものとなるのではと思われる。

以下、登録サイト。

BlackBerry Passport

BlackBerry Q30 の写真とスペックがリークされる

2014.06.03.Tue.12:12
 先日、インドネシアで新たなフルタッチ端末となるBlackBerry Z3を投入したBlackBerry社。今回、そのBlackBerryについてQWERTキーを搭載した新たなQシリーズとして、BlackBerry Q30の情報がリークされた。リーク元は、BlackBerry情報サイトのN4BBである。

リークによるとこれはプロトタイプだそうだ。

以下、写真とスペック。

Windermere-front-700x933.jpg
Photo by N4BB

す、すごく四角いです。

全体的に今風なスマートフォンの様になっている。従来のBlackBerryらしい見た目がなくなっている。Zシリーズにキーボードをとりあえず付けてみました感が漂う。

Alt, Shift, Symキーが無くなっている模様。ソフトウェアでこの機能を補完するのだろうか。

少し前にCEOが言及し、BlackBerry Classicなどと巷で言われている、伝統的なBlackBerryの進化版とされるBlackBerry Q20で復活するとみられるトラックパッドや発信・終話キーは見当らない。が、リーク元によると、QWERTキーボード上でトラックパッドの操作ができるそうである。スワイプ、スクロールアップ・ダウンが可能だそうだ。

また、Q10で不評であった予測変換時の選択は画面をタッチしなくとも、上記のトラックパッドで選択できる。

フロントカメラは、2MP。

画面サイズは、4+インチで、1440x1440 Full HD LCD。




Windermere-side-1000x1333.jpg
Photo by N4BB

側面は、Q10やBoldと同様ステンレス製だそうだ。右側に、ボリュームコントロールボタン。左側は、ボタン等はなし。




Windermere-back-1000x1333.jpg
Photo by N4BB

プラスチック製の背面。なんかすごく安っぽい背面。指紋と写真写りのせいかもしれないが、安っぽく見える。BlackBerry Z3のような背面。リークによると、この背面はこれで決定ではなく、BlackBerry社は、Q10やZ30のような背面にするつもりらしい。この点は安心である。

BlackBerry 9000以来の中央に配置されたリアカメラ。13MPで、デュアルLEDフラッシュを搭載。







bb10-qwerty-prototype.jpg

Photo by Know Your Mobile











バッテリー容量 : 3450mAh

RAM : 3GB

GPU : Adreno 330 OpenGL

CPU : Quad-core Snapdragon MSM8974









さて、BlackBerry Q30と見られるリークが今回されたわけであるが、BlackBeery ClassicもしくはBlackBeery Q20の詳細は一向に入ってこない。Q30のプロトタイプが作られ開発が進めれらているということから、Q20はもう十分出来上がっているものだと思いたい。大方の予想では、今年の年末セールに合わせる形で発売されるであろうとのことなので、この夏あたりには詳細が上がって来ることを期待したい。


未だスマートフォン市場で将来が見えてこないBlackBerryであるが、伝統的なスタイルの端末を出すことで、旧来のBlackBerryユーザーのハートをつかみ、AndroidやiPhoneに出て行ったユーザーを取り戻せるか、今後の展開が注目される。





via
N4BB
mobilesyrup
Know Your Mobile




BlackBerry 主要幹部がまた辞める

2013.12.19.Thu.03:19
BlackBerryの主要幹部がまた退職した。

BlackBerryはここ最近経営のスリム化を図っている様だが、成功するのだろうか。それとも失敗してモバイル市場から姿を消すのだろうか。

職員をこれから解雇していく方針であることは明らかとなっているが、同社の今後の全体的な戦略はまだ明確には見えない。

モバイル市場では、来年(2014)には同社の BlackBerry OS の新バージョンである OS 10.2 が発表される見込みである。またこの発表と同時に、現在各所で噂に上がっている同社の新デバイスとされる BlackBerry Z50 と BlackBerry Q30が正式発表されると目されている。

BlackBerry社の復活の糸口は未だ見えてはこないが、今後もモバイル市場に新たなデバイスを投入する気であるというのは素直に喜ばしいことだ。しかし一方で、もはや順調とは言い難たい同社の BlackBerry OS 10 シリーズの売上を考えると、新しく2つもデバイスをリリースすることはいかがなものだろうかとも思える。

つい最近発売された同社初のPhabletタイプのデバイスである BlackBerry Z30 が、同社のお膝元のカナダの通信会社が取り扱わないという発表をしたことは記憶に新しい。

今後発売されると言われているこの2つのデバイスの運命はいかなるものとなるのだろうか。そして2回目のメジャーアップデートを迎える BlackBerry OS 10 は Android や iOS といった他のプラットフォームと比肩するほどの完成度に至れるのであろうか。

どちらにせよ、2014年は BlackBerry社にとっては重要な年となることには違いなさそうである。


※これは管理人の個人的な感想を綴ったものであり、モバイル業界ひいてはテクノロジー分野における専門的見解に基づくものではなく、全く個人の感想以上の意味はありません。また、同記事の記述に基づき行ったあらゆる行為につき、管理人は一切の責任を負いません。


via
BlackBerry、さらに2人の主要幹部が退職へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。