スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】池田 真朗『スタートライン債権法〔第5版〕』(日本評論社、2010)【民法・債権法】

2013.12.19.Thu.04:41
本書は、慶應義塾大学で民法の研究をやっていらっしゃる 池田 真朗 先生による債権法の入門書である。

二度目となるが著者の池田先生は以下の様な方だ。

池田先生は元々法学部の出身ではなく、学生時代にとった法律の授業に興味を覚えてそれから大学院に進まれて民法学を研究なされている方である。

また、平成16年に行われた民法口語化では、星野英一先生から日本語のセンスを買われて改正に携わった。




ikeda-masao_startline-saiken.jpg
Amazonで購入




本書は、債権法を学ぶにあたって最初の一冊目に非常によい本である。

学生にとって一般的に物権が分かりにくく、他方、債権が馴染みのある売買や、まさに我々が民法として想像する様々な取引が出てきて、興味を持って学びやすいとよく言われていることを考えると、スタートライン民法総論→スタートライン債権法という形は、初めて民法を学んでいく人とっておすすめな流れだと私は考えている(いや、自分は物権の方が分かりやすいという方は総則→物権という順番でどうぞ)

著者も同じスタートラインシリーズということで、つながりを意識して書いており、スタートライン債権法では民法総則や民法全体に関する話が出てきたときに、適時スタートライン民法総論での記述箇所を示してあるため、まだ覚えきれていない知識について復習がしやすくなっている。




債権法に関する記述については、スタートライン民法総論と同じ構成で書かれており、想定読者は初学者だが、ところどころで突っ込んだ話もしており、債権法の各分野毎に問題となっている事柄や最近の論点も知れるようになっている。

またスタートライン民法総論では、主に全くの法律の初心者を初学者とし想定読者にしていたが、スタートライン債権法はそれと異なり、全くの初心者に加え多少の民法の知識を有する者をも初学者として想定しているため(民法全体ではなく債権法であるから)、突っ込んだ話の部分には意外と濃いものもある。

この点、債権法の既習者にとってもなお気付かされることや勉強になる部分があると言え、債権法の復習をしながら、より債権法への理解を深めるきっかけとなる作りになっている。

もちろん、この突っ込んだ話の部分はコラムの様な形で、文章本文とは区分された形になっているので、初学者はその部分を飛ばして一読することもできる。




本書は、債権法を学ぼうと思っている方に最初の一冊としてまさにぴったりであるとともに、ある程度勉強が進んだ人にとっても役立つ一冊だと言える。

非常に良い本である。




※この感想はあくまで管理人の個人的なものであり、独断と偏見に基づく。上記内容を肯定ないし共感できない方もいらっしゃるでしょうが、あくまで個人的な感想であるということをご了承願いたい。また、管理人は法律の専門家ではないため、当該感想での批評などは学問的な意味を一切含むものではなく、一人の一般読者としてのものに過ぎません。
スポンサーサイト

Bitcoinの相場が急落

2013.12.19.Thu.03:42
つい先日まで$1000あたりを行き来していたBitcoinの相場がここ数日で一気にほぼ半分まで下がった。

現在、Bitcoinは投資先として過熱しており、実際の資産価値よりも過大評価されているとの評価を海外の大手金融機関が示していた。

この下落が、その評価通りの当然の結末なのか、それとも一時的な下落にすぎないのかはまだ分からないが、今後の動きを注視していくべきであろう。

Bitcoinが新たなお金の形として魅力的なものであるという事実はこれからも変わらないであろうし、今後各国の政情や実体経済が不安定になればなるほどその魅力はより大きなものになるであろう。

そしてその傾向は、リーマン・ショックから5年経とうとしているにも関わらず、世界経済が未だ停滞感を色濃く持っている現状を見れば、高まることはあれども緩やかになることはないと多くの人々は思うであろう。

BlackBerry 主要幹部がまた辞める

2013.12.19.Thu.03:19
BlackBerryの主要幹部がまた退職した。

BlackBerryはここ最近経営のスリム化を図っている様だが、成功するのだろうか。それとも失敗してモバイル市場から姿を消すのだろうか。

職員をこれから解雇していく方針であることは明らかとなっているが、同社の今後の全体的な戦略はまだ明確には見えない。

モバイル市場では、来年(2014)には同社の BlackBerry OS の新バージョンである OS 10.2 が発表される見込みである。またこの発表と同時に、現在各所で噂に上がっている同社の新デバイスとされる BlackBerry Z50 と BlackBerry Q30が正式発表されると目されている。

BlackBerry社の復活の糸口は未だ見えてはこないが、今後もモバイル市場に新たなデバイスを投入する気であるというのは素直に喜ばしいことだ。しかし一方で、もはや順調とは言い難たい同社の BlackBerry OS 10 シリーズの売上を考えると、新しく2つもデバイスをリリースすることはいかがなものだろうかとも思える。

つい最近発売された同社初のPhabletタイプのデバイスである BlackBerry Z30 が、同社のお膝元のカナダの通信会社が取り扱わないという発表をしたことは記憶に新しい。

今後発売されると言われているこの2つのデバイスの運命はいかなるものとなるのだろうか。そして2回目のメジャーアップデートを迎える BlackBerry OS 10 は Android や iOS といった他のプラットフォームと比肩するほどの完成度に至れるのであろうか。

どちらにせよ、2014年は BlackBerry社にとっては重要な年となることには違いなさそうである。


※これは管理人の個人的な感想を綴ったものであり、モバイル業界ひいてはテクノロジー分野における専門的見解に基づくものではなく、全く個人の感想以上の意味はありません。また、同記事の記述に基づき行ったあらゆる行為につき、管理人は一切の責任を負いません。


via
BlackBerry、さらに2人の主要幹部が退職へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。