スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由であるBitcoinが生んでいる不自由

2013.11.07.Thu.09:03
Bitcoinといえば、国家や中央銀行の支配が及ばない自由な電子マネーである。

しかし、その自由であるはずのBitcoinBitcoin自体の有する欠陥によって不自由になろうとしている、あるいは不自由となっているそうである。


----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------


largest-bitcoin-exchange-suspends-withdrawals.jpg




Bitcoinの入手は、取引という一般的な通貨(ドル、円、ユーロ)で行われる方法の他に、採掘(mining)という方法がある。

コンピュータの有する演算能力を用いてBitcoinを生成する方法だ。もちろんこれは簡単に大量のマネーを生み出すものではない。Bitcoinには発行総量というものが予め定められており、その総量に近づけば近づくほどより高い演算能力が求められ、一回の採掘で得る報酬は少なくなる。Bitcoinも市場の原理に支配されているわけである。

だが現在この採掘を個人で行うには非常に高いハードルがある。かなりの演算能力を求められているためだ。一般のコンピュータではもはやほんの僅かな報酬しか得られない。個人での採掘は、この種のプロたちが、特別に設計された高価な専用機を用いて行う独壇場となっている

従って今では、大多数にとってmining poolと呼ばれる場での共同での採掘が一般的となっている。このmining poolの考え方は非常にシンプルだ。大量のコンピュータを集めることで演算能力を上げ、より多くの報酬を得る。コンピュータ・クラスタと同様の方式である。





mining poolのコミュニティは世界中に多くあるが、現在トップコミュニティとセカンドコミュニティとの採掘量の合計は、世界の総採掘量の半分を超えている。

採掘は、パズル問題を解くような行為だ。パズルを解き正解であれば報酬を得る。そしてそのパズルが非常に難しく、それゆえ高い演算能力が求められる。

しかし問題である以上必ず解き方がある。そしてその解き方を知っているということは他に対して大きなアドバンテージとなる。より効率的な最適化された演算を行う者と、つたない演算を行う者とでは当然にこなせる演算量が異なり、報酬も大きく違う。

この解法を秘密にし、他のグループに常に見当違いの場所を掘らせる利己的な集団があらわれる可能性がある。そして、この集団がより多くの利益を得るほど、Bitcoinの流通をコントロールし得ることとなる。それは採掘量と流通量のしくみのためである。


もしこの事態が生じれば、中央銀行のコントロールから自由であるというBitcoinに、中央銀行が生まれることを意味する。もしこのようなこととなれば、Bitcoinが誕生してから今までみなが信頼していたBitcoinの流通ルールが崩壊し、26億ドルというBitcoinの市場にブラックマンデーが訪れる。

だれも、Bitcoinの崩壊を望んでいない。一方で、少しでも利益を上げようとするならば、みな利己的な集団の一員になろうとする。


Bitcoinが崩壊しないように、この問題を解決しなくてはならない。




Via
Bitcoin flaw could let group take control of currency
 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。