スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlackBerry 主要幹部がまた辞める

2013.12.19.Thu.03:19
BlackBerryの主要幹部がまた退職した。

BlackBerryはここ最近経営のスリム化を図っている様だが、成功するのだろうか。それとも失敗してモバイル市場から姿を消すのだろうか。

職員をこれから解雇していく方針であることは明らかとなっているが、同社の今後の全体的な戦略はまだ明確には見えない。

モバイル市場では、来年(2014)には同社の BlackBerry OS の新バージョンである OS 10.2 が発表される見込みである。またこの発表と同時に、現在各所で噂に上がっている同社の新デバイスとされる BlackBerry Z50 と BlackBerry Q30が正式発表されると目されている。

BlackBerry社の復活の糸口は未だ見えてはこないが、今後もモバイル市場に新たなデバイスを投入する気であるというのは素直に喜ばしいことだ。しかし一方で、もはや順調とは言い難たい同社の BlackBerry OS 10 シリーズの売上を考えると、新しく2つもデバイスをリリースすることはいかがなものだろうかとも思える。

つい最近発売された同社初のPhabletタイプのデバイスである BlackBerry Z30 が、同社のお膝元のカナダの通信会社が取り扱わないという発表をしたことは記憶に新しい。

今後発売されると言われているこの2つのデバイスの運命はいかなるものとなるのだろうか。そして2回目のメジャーアップデートを迎える BlackBerry OS 10 は Android や iOS といった他のプラットフォームと比肩するほどの完成度に至れるのであろうか。

どちらにせよ、2014年は BlackBerry社にとっては重要な年となることには違いなさそうである。


※これは管理人の個人的な感想を綴ったものであり、モバイル業界ひいてはテクノロジー分野における専門的見解に基づくものではなく、全く個人の感想以上の意味はありません。また、同記事の記述に基づき行ったあらゆる行為につき、管理人は一切の責任を負いません。


via
BlackBerry、さらに2人の主要幹部が退職へ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。