スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUIで操作できる端末「Final Term」

2014.07.02.Wed.13:51
CUIは非常に柔軟で強力にあらゆる操作を処理できます。多くの人がお気に入りの端末環境で日々作業をしていることでしょう。

CUIは強力ですが、一方でそのコマンドラインベースの操作はGUI環境になれた人にとって苦痛でしかありません。今日では、CUI環境でしかできない作業というものはほとんどなく、無理にCUIでの作業をする必要は無くなっています。

しかし、CUIで作業することには未だ多くの利点があることも事実です。様々なコマンドを組み合わせることで多くの作業を自動化したり、自身のオリジナルのシェルスクリプトを組むことで既存のソフトウェアでは手の届きにくいかゆい部分を処理することができます。

そこで今回紹介するのはCUI端末の操作をGUI感覚で操作できる Final Term です。

Final Term には非常に強力なコマンドの補完機能があります。多くのCUI初心者にとって一番の壁となっていることが、古代文字とも思える複雑なコマンドを覚えることです。

ほとんどの端末でコマンドの補完機能はついていますが、それはCUI初心者にとって十分なものではありません。多くの場合、既にCUIに慣れ親しんだ人が作業を効率化させるためのものになっています。

Final Term では、ワードプロセッサの予測変換のように、コマンドが補完されます。たとえば、ls コマンドを入力しようとして、l と打ったとき、l から始まるコマンドが予測変換で一覧表示されます。また、ls と打つと、ls コマンドで使用されるオプションが同様に予測変換で一覧表示されます。

さらに、入力したコマンドをマウスで選択して、追加の操作コマンドを入力させることもできます。




以下のgif画像を見るとわかりやすいと思います。

screencast.gif
photo by official site




以下、インストール方法。


■Ubuntu

①端末を立ち上げる

②リポジトリを追加する
     
    sudo add-apt-repository ppa:finalterm/daily

③アップデートして、インストールする

 sudo apt-get update

 sudo apt-get install finalterm

 

■Arch Linux

sudo yaourt -S finalterm-git


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。