スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlackBerry OS 10 に Google Play がプリインストールされる計画は今のところない模様

2014.12.18.Thu.04:51
多くの人が望んでいるGoogle Playのプリインストールと正常動作ですが、日本時間12月18日00:00より行われたBlackBerryのイベントでの発表によると、現在Google Playを搭載する計画はないそうです。
BlackBerry OS 10 は、それ以前のBlackBerryとは異なりAndroidのアプリを動かす事ができ、それまでBlackBerryが抱えていた対応アプリの少なさが解消され、非常に魅力的な要素と言える。

しかし、AndroidアプリをBlackBerryにインストールするにはユーザー自身でAndroidアプリのインストールパッケージを用意しなければならず、非常に面倒であった。

現在では、Amazon Apps Storeが標準で搭載される様になり、以前に比べて遥かに簡単にAndroidアプリをインストールすることができるようになったものの、Amazon Apps StoreからインストールできるアプリはAndroidアプリ全体の中ではお世辞にも多いとは言えず、依然満足のいく状況とは言いがたい。

もちろん、Amazon Apps Storeよりも多くのアプリをインストールする方法がある。その一つにSnapが存在するが、その導入手順はAmazon Apps Storeに比べて面倒であり、これからBlackBerryを使ってみようと思う者にとってはハードルが高く、それまでPhone や Androidを使用してきた者にとっては、アプリをインストールする為だけに幾つもの手順をこなしSnapをインストールするのは煩わしいことこの上ない。

加えて、Androidのいくつかのアプリは正常に動作するためにGoogle Play サービスが必要となるという状況もあった。

そこでGoogle Playが使える様になれば、という声が上がってくるのである。

しかし、その願いはまだ叶わないことが明らかとなった。このことは非常に悲しい知らせであるとともに多くが想定していた知らせだろう。

AndroidはGoogleが推進するプラットフォームであり、Googleからすれば当然BlackBerryはモバイル市場におけるライバルということになる。そのライバルに自らの資産であるアプリを共有させるなどということは到底考えづらい。

これは、Nokia X シリーズの件からも明らかと言える。Nokia X は Android が搭載された端末だがGoogle Playは搭載されていない。Nokiaは現在Microsoftの傘下にあり、MicrosoftはWindows Phoneを推進しており、MicrosoftとGoogleはモバイル市場で対峙しているからだ。

BlackBerryの問題も全く同様だと言える。

もし、BlackBerryで Google Play を利用しようとすれば、Google Playの利用規約の全てに同意しなければならない。すなわち、berryのロゴを捨て、Googleのロゴを掲げる必要がある。

この発表の中で、John CEOは次の様に言っている。

仮に、技術的にGoogle PlayをBlackBerryで動作することが出来る様になり、Google Playを必要としていた他のAndroidアプリが利用できる様になったとしても、我々の手札の中にGoogle Playという選択肢は含まれていない。



また、Googleからすれば、そもそもBlackBerryでAndroidアプリが動作するということ自体が忌々しいことだろう。そこにきて、BlackBerry で Google Play が動作するなどとてもではないが許容できないことは想像にかたくない。

この知らせは非常に残念なものだが、モバイル市場における政治的な力学を考えればどうしようもないことなのかもしれない。

しかし、ユーザーとしては、技術的に動作する様になれば自力でインストールする手もある為、BlackBerryにはAndroidアプリの実行環境の改善をどんどんと進めて欲しいものだ。


via
N4BB | Google Play Services on BlackBerry 10 Not Planned
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。